労働再規制 : 反転の構図を読みとく

書誌事項

労働再規制 : 反転の構図を読みとく

五十嵐仁著

(ちくま新書, 748)

筑摩書房, 2008.10

タイトル読み

ロウドウ サイキセイ : ハンテン ノ コウズ オ ヨミトク

大学図書館所蔵 件 / 167

注記

参考文献: p237-238

内容説明・目次

内容説明

国民的な人気を背景に、次々と労働の規制緩和を推進した小泉政権。その新自由主義的な政策は、いまや失速。政治は反転し、逆方向へと進みだした。構造改革による格差と貧困の増大が明らかになったから…だけではない。そこには官僚の思惑や財界の駆け引きなど、既得権益の復活を意図する勢力の逆襲があった。そして、その転機になったのは—。

目次

  • 序章 「官の逆襲」には二面性がある
  • 第1章 変化の始まり
  • 第2章 反転の背景
  • 第3章 財界内での攻防
  • 第4章 変化の広がり
  • 第5章 反転を生みだした力
  • 第6章 「官の逆襲」の開始
  • 第7章 労働タスクフォースの暴走
  • 第8章 規制改革会議の孤立と弁明
  • 終章 「アメリカ型」でも「日本型」でもなく—日本の進路をめぐる対抗

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ