ナイフとフォークで冷奴 : 外国人には理解できない日本人の流儀

書誌事項

ナイフとフォークで冷奴 : 外国人には理解できない日本人の流儀

清ルミ著

太陽出版, 2008.10

タイトル読み

ナイフ ト フォーク デ ヒヤヤッコ : ガイコクジン ニワ リカイ デキナイ ニホンジン ノ リュウギ

大学図書館所蔵 件 / 65

内容説明・目次

内容説明

日本人には常識でも、外国人からすれば非常識に映る日本人独特の流儀としきたり。NHK教育テレビ『新にほんごでくらそう』元講師・清ルミが教える、ことばにならない文化や習慣の違い。外国人の眼を通して見た日本人の本質とは。

目次

  • 第1章 所変われば「食」変わる(どんぶりものと箸;「これ以上食べられません」 ほか)
  • 第2章 物にモノ申す(贈り物は気に入ってくれましたか?;贈っていいもの、悪いもの ほか)
  • 第3章 外国人泣かせの日本の流儀(久しぶりの再会は抱きしめる?;夫婦でダブルベッドはお嫌い? ほか)
  • 第4章 日本人の“当たり前”は世界の“?”(「しょう油とたくあんの匂い」はお嫌い?;トイレットペーパーと音姫 ほか)
  • 第5章 世にも不思議な日本人(目は口ほどにものを言い;顔のない日本人 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA87953292
  • ISBN
    • 9784884695934
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    222p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ