公的年金と財源の経済学

書誌事項

公的年金と財源の経済学

上村敏之著

日本経済新聞出版社, 2009.3

タイトル読み

コウテキ ネンキン ト ザイゲン ノ ケイザイガク

大学図書館所蔵 件 / 148

注記

主要参考文献・参考資料: p291-300

内容説明・目次

内容説明

税法式導入か社会保険方式維持か。いま払っている保険料に見合った分だけ、本当に将来、給付が保証されるのか?消費税は社会保障のためにはどれくらいの税率が適当か。小手先の改革に陥らぬよう、長期的ビジョン、歴史・社会的背景、他の政策との整合性などを考慮した包括的制度設計の具体案を検討する、注目の書。

目次

  • 第1章 公的年金をめぐる社会経済の背景
  • 第2章 なぜ公的年金が必要なのか
  • 第3章 公的年金改革が家計の消費貯蓄計画に与えた影響
  • 第4章 公的年金における税財源のあり方
  • 第5章 年金不信と年金通知:公的年金の合意形成について
  • 第6章 公的年金改革の問題のとらえ方:社会保険方式と税方式
  • 終章 政策提言

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89273583
  • ISBN
    • 9784532133672
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiv, 300p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ