世間さまが許さない! : 「日本的モラリズム」対「自由と民主主義」

書誌事項

世間さまが許さない! : 「日本的モラリズム」対「自由と民主主義」

岡本薫著

(ちくま新書, 777)

筑摩書房, 2009.4

タイトル別名

世間さまが許さない : 日本的モラリズム対自由と民主主義

タイトル読み

セケンサマ ガ ユルサナイ : ニホンテキ モラリズム タイ ジユウ ト ミンシュ シュギ

大学図書館所蔵 件 / 142

内容説明・目次

内容説明

ヨーロッパ人がその文化をもとに作った「自由と民主主義」は、日本人には向かない仕組みなのではないだろうか?—内心の多様性を前提として人々の行動を「ルール」でコントロールする「自由と民主主義」と、みんなが同じ「モラル」を共有していることを前提とする「日本的モラリズム」(世間さま主義)の間には致命的な矛盾がある。このミスマッチがもたらした社会的混乱の事例を豊富に挙げながら、民主制に代わる「世間さま制」(日本的コモンロー)の可能性をも思考実験する。

目次

  • 第1章 本当に日本人が「ダメ」なのか?—「向かないことは無理にやらない」という選択肢もある(レストランで「みんなと同じ物」を注文して何が悪い?;本当に「文化を変える」必要があるのか?;日本人は「自由と民主主義」に向かないのではないか?)
  • 第2章 何でもモラルで考える「日本的モラリズム」という文化—「同じモラル」を共有する同質の「世間さま」という信仰(「同じモラルの共有」を信仰してすがろうとする日本人;「システムの問題」を「モラルの問題」として考える日本人;国際関係も「日本の世間様のモラル」で考える日本人)
  • 第3章 「日本的モラリズム」がもたらす「自由と民主主義」の機能不全—「超ルール的正義」=「モラル」による「自由」と「ルール」の無視(日本人は「自由」に向いていない;日本人は「民主主義」に向いていない)
  • 第4章 「自由と民主主義」がもたらす「日本的モラリズム」の機能不全—「世間さま」の同質性破壊による「共通モラル」の崩壊(「神さま」は崩さないが「世間さま」を崩す自由と民主主義;「日本的モラリズム」の機能不全がもたらした混乱)
  • 第5章 「世間さま制」にしたら?—「日本的コモンロー」のシステムという思考実験(「憲法」は廃止して「世間さまのモラル基準」で行く;「世間さまのモラル基準」に「法的拘束力」を持たせる;アメリカが「日本化」する日)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89575210
  • ISBN
    • 9784480064776
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ