書誌事項

プルードン・セレクション

P.‐J.Proudhon [著] ; 河野健二編

(平凡社ライブラリー, 670)

平凡社, 2009.5

タイトル別名

プルードンセレクション

タイトル読み

プルードン・セレクション

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

「世界の思想家 13 プルードン」(1977年刊)の改題

文献案内: p299-308

内容説明・目次

内容説明

分権制、連合主義、地域主義、相互扶助組織など、一九世紀フランスの情況から切り出された思想が、資本主義の一世紀半、「共産主義国家」の一世紀を経て、いま新たな重要性を帯び、注目を集めている。権力と富との集中を徹底的に拝して、相互保証組織を備えた小規模な集団が契約を通じて政治的な連合を作り上げる—アナーキズムの流れが受け継ぐプルードンの批判と構想、その精髄を抜粋し、テーマ別に編んだアンソロジー。

目次

  • 1 情況の認識(フランス社会の特質;二月革命;クーデターと産業的帝政)
  • 2 自由と労働(社会;自由;相互性—契約;労働)
  • 3 抑圧の構造(所有;国家;教会)
  • 4 あるべき社会を求めて(社会革命とアナルシー;政治的連合と基礎的諸集団;労働者階級の政治的能力)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA9002605X
  • ISBN
    • 9784582766707
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    317p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ