書誌事項

記者風伝

河谷史夫著

朝日新聞出版, 2009.7

タイトル読み

キシャ フウデン

大学図書館所蔵 件 / 73

注記

参考文献: p290-295

朝日新聞夕刊(東京本社版)連載「記者風伝」 (2008年3月31日-09年1月30日) に加筆しまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

現場で「敗戦」を見つめた毎日新聞・藤田信勝から、天声人語の名コラムニスト・深代惇郎まで、今は亡き24人を列伝でつなぎ、人物を通して、新聞が輝いていた時代と、記者たちの矜持を描き出す。新証言も多数。

目次

  • 藤田信勝—書くために記者になったんだよ
  • 守山義雄—おもろい、それがニュースや
  • 斎藤信也—抜き身の「人物天気図」
  • 飯沢匡—諧謔と風刺の『アサヒグラフ』編集長
  • 平正一—事件は事件に聞け
  • 矢田喜美雄—下山事件他殺説
  • 門田勲—記者のなかの記者
  • 後藤基夫—裏の裏まで知る政治記者
  • 笠信太郎—理想主義掲げた論説の鬼
  • 辻本芳雄—生まれついての社会部デスク
  • 細川忠雄—「場末」住まいの寸評子
  • 疋田桂一郎—鉛筆一本の渡世職人
  • 詩人たち(井上靖・中桐雅夫・北村太郎・犬塚堯・安西均・谷川雁)—もとはといえば新聞記者の
  • 信夫韓一郎—戦後朝日を背負う
  • 田代喜久雄—果断に富む社会部長
  • 松本得三—本当の被害者は誰か
  • 辻豊—特攻精神で走る
  • 吉野正弘—同心円を描かない
  • 深代惇郎—珠玉の天声人語

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90638679
  • ISBN
    • 9784022506108
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    295, vip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ