日本国の正体 : 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か

書誌事項

日本国の正体 : 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か

長谷川幸洋著

講談社, 2009.6

タイトル別名

日本国の正体 : 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か

日本国の正体 : 政治家官僚メディア : 本当の権力者は誰か

タイトル読み

ニッポンコク ノ ショウタイ : セイジカ・カンリョウ・メディア-ホントウ ノ ケンリョクシャ ワ ダレカ

大学図書館所蔵 件 / 75

内容説明・目次

内容説明

「私はかつて官僚のポチだった」政府税調委員も務めるエリート記者が本音で綴った懴悔録。

目次

  • 第1章 官僚とメディアの本当の関係(新聞は何を報じているか;不可解な事件;霞が関の補完勢力になった新聞;転向の理由;政権を内側からみるということ)
  • 第2章 権力の実体(政治家と官僚;「増税」をめぐるバトル;財務官僚の変わり身;福田首相の本心l事務次官等会議)
  • 第3章 政策の裏に企みあり(「政策通」の現実;カネは国が使うべきか、国民が使うべきか;定額給付金は「ばらまき」か;「官僚焼け太り予算」を点検する;政策立案の手法;「専務理事政策」とはなにか)
  • 第4章 記者の構造問題(記者はなぜ官僚のポチになるのか;真実を報じる必要はない?;「特ダネ」の落とし穴;紀者は道具にすぎない;官僚にとっての記者クラブ)
  • 第5章 メディア操作を打破するために(霞が関幻想;先入観としての「三権分立」;「政府紙幣犯行問題」の顛末;記者が陥る「囚人のジレンマ」;報道の力を取り戻すために)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ