五・一五事件 : 橘孝三郎と愛郷塾の軌跡

書誌事項

五・一五事件 : 橘孝三郎と愛郷塾の軌跡

保阪正康著

(中公文庫, [ほ-1-12])

中央公論新社, 2009.7

タイトル別名

五一五事件

5・15事件

タイトル読み

ゴ イチゴ ジケン : タチバナ コウザブロウ ト アイキョウジュク ノ キセキ

大学図書館所蔵 件 / 17

注記

叢書番号はブックジャケットによる

参考文献: p435-438

内容説明・目次

内容説明

五・一五事件は軍国主義の幕開けになり、日本ファシズムの導火線となったとされる。単なるテロ事件に終始せず、多くの農民が実行犯の減刑を嘆願した事件の背景には、注目すべき“大衆”の情緒があった。人道主義の系列にあった橘孝三郎と愛郷塾が、五・一五事件と結びついたのはなぜか。本人への取材に基づき、歴史を変えた大事件を検証する。

目次

  • 1 一高を去る
  • 2 兄弟村
  • 3 愛郷会
  • 4 パニック
  • 5 満州事変前後
  • 6 決行者たち
  • 7 五月十五日
  • 8 人身御供

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90877909
  • ISBN
    • 9784122051812
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    443p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ