書誌事項

「甲子園の土」ものがたり

三浦馨著

(学びやぶっく, 16 . たいいく||タイイク)

明治書院, 2009.8

タイトル別名

甲子園の土ものがたり

タイトル読み

コウシエン ノ ツチ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 20

注記

監修: 竹田晃

主要参考文献: p198

内容説明・目次

内容説明

昭和21年、戦後初の全国中等学校優勝野球大会に、ベスト4まで進んだ東京高師付属中(現、筑波大学附属高校—国立)。球場の土を持ち帰るという監督佐々木のアイディア。その真の意味は—。

目次

  • 第1章 ルーツは1946年西宮大会
  • 第2章 空襲の合間に猛練習
  • 第3章 史上初、公立校が東京代表
  • 第4章 全国でも快進撃、ベスト4へ
  • 第5章 連続出場成らず、悔し涙
  • 第6章 その後の球児たち

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ