ソロモン朝エチオピア王国の興亡 : オロモ進出後の王国史の再検討

書誌事項

ソロモン朝エチオピア王国の興亡 : オロモ進出後の王国史の再検討

石川博樹著

(山川歴史モノグラフ, 19)

山川出版社, 2009.11

タイトル別名

The rise and fall of Solomonid Ethiopia : reconsideration of its history after the Oromo migration

ソロモン朝エチオピア王国の興亡 : オロモ進出後の王国史の再検討

タイトル読み

ソロモンチョウ エチオピア オウコク ノ コウボウ : オロモ シンシュツ ゴ ノ オウコクシ ノ サイケントウ

大学図書館所蔵 件 / 76

注記

英文タイトルは標題紙裏による

博士論文 (東京大学, 2007年) を加筆修正したもの

参考文献: 巻末p12-28

内容説明・目次

目次

  • 第1章 オロモ進出期における牛税ケイマ
  • 第2章 タナ湖周辺地域の征服と統治体制の変革
  • 第3章 ソロモン朝後期における軍事体制の変化
  • 第4章 ゴンダール期における移住民集団の活動とその影響
  • 第5章 ゴンダール期後半における州統治者の出自
  • 第6章 ゴンダール期後半の州統治者と王朝交替
  • 史料 バフレイ『ガッラの歴史』訳注

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB00212429
  • ISBN
    • 9784634674370
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    218, 61p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ