書誌事項

能力主義管理研究会オーラルヒストリー : 日本的人事管理の基盤形成

藤田至孝 [ほか] 著 ; 八代充史 [ほか] 編

(慶応義塾大学産業研究所選書, . 戦後労働史研究||センゴ ロウドウシ ケンキュウ)

慶應義塾大学出版会, 2010.1

タイトル別名

Oral history

戦後労働史研究

タイトル読み

ノウリョク シュギ カンリ ケンキュウカイ オーラル ヒストリー : ニホンテキ ジンジ カンリ ノ キバン ケイセイ

大学図書館所蔵 件 / 125

注記

その他の著者: 福島安, 浅澤誠夫, 植松千里, 野田雄太郎, 山田雄一

その他の編者: 梅崎修, 島西智輝, 南雲智映, 牛島利明

参考文献: p23-24, 331

内容説明・目次

内容説明

高度成長後の日本の人事労務管理に多大な影響を与えた報告書『能力主義管理—その理論と実践』刊行に至るまでの歴史的証言をまとめたテーマ・オーラルヒストリー。日経連・能力主義管理研究会に集まった「人事のプロ」たちの情熱、真摯さ、そして日本の将来を見据える視座の確かさに、読者は驚かされるだろう。

目次

  • 第1章 能力主義管理研究会がめざしたもの
  • 第2章 能力主義管理の検討をめぐって
  • 第3章 能力主義管理実施の難しさ
  • 第4章 報告書に盛り込まれたソニーの経験
  • 第5章 覆面座談会の掲載は想定外
  • 第6章 人事院から民間企業に転出して
  • 第7章 仕事の成果の目に見えるフィードバック
  • 第8章 能力主義管理と時代的背景
  • 付録 討論/能力主義管理をめぐって

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ