概念としての家族 : 家族社会学のニッチと構築主義

書誌事項

概念としての家族 : 家族社会学のニッチと構築主義

木戸功著

新泉社, 2010.2

タイトル別名

概念としての家族 : 家族社会学のニッチと構築主義

タイトル読み

ガイネン トシテ ノ カゾク : カゾク シャカイガク ノ ニッチ ト コウチク シュギ

大学図書館所蔵 件 / 144

注記

参考文献: 巻末pvii-xxii

内容説明・目次

内容説明

制度としての「家族」に回収しきれない、人々の家族をめぐる経験。そうした個人的で、そしておそらく瑣末で、場合によってはとるに足らないようなものであるかもしれない経験の社会学を求めて。家族を成し遂げる人々の多様な実践。社会構築主義の立場から家族を考える。

目次

  • 第1章 家族社会学の「多様化」と社会構築主義
  • 第2章 日本における「標準理論」の受容過程—「核家族論争」再考
  • 第3章 家族機能をめぐる諸問題—家族社会学の論理と人々の方法
  • 第4章 家族社会学のニッチ
  • 第5章 家族であることを支援する—「家族支援」の技巧的な実践
  • 第6章 福祉的支援のエスノグラフィー

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB00991030
  • ISBN
    • 9784787710017
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    234, xxiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ