カルヴァン : 霊も魂も体も

書誌事項

カルヴァン : 霊も魂も体も

出村彰著

(宗教改革論集, 1)

新教出版社, 2009.12

タイトル読み

カルヴァン : レイ モ タマシイ モ カラダ モ

大学図書館所蔵 件 / 38

内容説明・目次

内容説明

わが国の宗教改革史研究を牽引してきた著者による単行本未収録の重要論考を全3巻に集成。第1巻は、聖書注解者という側面を手がかりにカルヴァンの霊性の核心に迫ると同時に、エコランパーディウス、ツヴィングリ、ヤン・ラスキらカルヴァンの周辺を精査、更には熊野義孝における受容を通してわが国における影響作用史にも考察を巡らせる。

目次

  • 第1部 カルヴァンにおける霊性(詩篇註解序文を中心に)
  • 第2部 聖書注解者カルヴァン(二つのローマ書注解—カルヴァンとエコランパーディウス;宗教改革者のサクラメント論—ローマ書四章一一節の釈義から;ヨハンネス・エコランパーディウス—長老制教会政治の起源に関連して)
  • 第3部 戦い(カルヴァンとツヴィングリ—「シュライトハイム信仰告白」を手がかりとして;「シュライトハイム信仰告白」論駁再考—ツヴィングリからカルヴァンへ)
  • 第4部 ヤン・ラスキの教会形成(ヤン・ラスキと「ロンドン教会規則」;ヤン・ラスキにおける聖餐式)
  • 第5部 宗教改革を神学する熊野義孝(義認と予定;熊野神学におけるサクラメント)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB01124440
  • ISBN
    • 9784400221111
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    420p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ