中・近世ドイツ都市の統治構造と変質 : 帝国自由都市から領邦都市へ

書誌事項

中・近世ドイツ都市の統治構造と変質 : 帝国自由都市から領邦都市へ

神寶秀夫著

創文社, 2010.2

タイトル別名

Verfassung und Veränderung in der deutschen Stadt zwischen dem Mittelalter und der Frühen Neuzeit : von Freier Stadt des Reichs zu Territorialstadt

中近世ドイツ都市の統治構造と変質 : 帝国自由都市から領邦都市へ

タイトル読み

チュウ キンセイ ドイツ トシ ノ トウチ コウゾウ ト ヘンシツ : テイコク ジユウ トシ カラ リョウホウ トシ エ

大学図書館所蔵 件 / 97

注記

ドイツ語タイトルは欧文目次による

人名・組織名索引: 巻末p9-11

地名索引: 巻末p12-13

事項索引: 巻末p14-41

引用史料・文献一覧: 巻末p43-59

内容説明・目次

目次

  • 序篇(研究史的考察;マインツ市の社会=経済史;ツンフト‐平民闘争—その統治構造史的考察)
  • 第1篇 帝国自由都市マインツの統治構造(一四世紀における都市参事会の支配構造;一五世紀における都市参事会体制—展開と限界;統合的権力としてのツンフト;帝国自由都市マインツにおける都市君主権の構造)
  • 第2篇 近世領邦都市マインツの統治構造(基本構造;大司教の直接的都市統治機構;領邦都市マインツの中間的諸権力)
  • 総括

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ