三島由紀夫におけるニーチェ : サルトル実存的精神分析を視点として

書誌事項

三島由紀夫におけるニーチェ : サルトル実存的精神分析を視点として

清眞人著

思潮社, 2010.2

タイトル読み

ミシマ ユキオ ニオケル ニーチェ : サルトル ジツゾンテキ セイシン ブンセキ オ シテン トシテ

大学図書館所蔵 件 / 44

内容説明・目次

内容説明

なぜニーチェは13歳で「魔の時」を迎えたのか。それは三島由紀夫がニーチェに問いかけた問題でもあった。ニーチェを読む三島を実存的精神分析によって抉り出し、自刃へ帰結する思想的軌跡を鮮やかに浮かび上がらせる—果敢なる文芸批評への挑戦。

目次

  • 第1章 三島由紀夫という“想像的人間”—方法
  • 第2章 殺害者と海
  • 第3章 論理的背理としての私—『仮面の告白』考
  • 第4章 三島の文体と“存在欲望”の行方
  • 第5章 美的テロリズム
  • 補章 三島由紀夫論史批評

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ