海賊キャプテン・ドレーク : イギリスを救った海の英雄

書誌事項

海賊キャプテン・ドレーク : イギリスを救った海の英雄

杉浦昭典 [著]

(講談社学術文庫, [1989])

講談社, 2010.4

タイトル別名

海賊キャプテンドレーク : イギリスを救った海の英雄

タイトル読み

カイゾク キャプテン・ドレーク : イギリス オ スクッタ ウミ ノ エイユウ

大学図書館所蔵 件 / 172

注記

原本: 中央公論社, 1987年刊

参考文献: p249-250

内容説明・目次

内容説明

一〇歳にしてテームズ川の船乗りになり、マゼランの半世紀後、史上二人目の世界周航者となったキャプテン・ドレーク。奴隷貿易とスペイン植民地襲撃で、巨万の富を手に入れる一方、エリザベス女王にサーの称号を受け、イギリス海軍提督として無敵艦隊を撃退する。一六世紀、海上という無法地帯を舞台に、大暴れした男たちの野望と冒険を活写する。

目次

  • 第1章 大航海時代の開幕
  • 第2章 冒険商人西へ
  • 第3章 パナマに現れた海賊
  • 第4章 海賊船地球を回る
  • 第5章 無敵艦隊来りて去る
  • 第6章 提督洋上に死す
  • 一五〜一六世紀の帆船などについて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ