書誌事項

生と死が創るもの

柳澤桂子著

(ちくま文庫, [や-33-3])

筑摩書房, 2010.5

タイトル読み

セイ ト シ ガ ツクル モノ

大学図書館所蔵 件 / 28

注記

1998年6月草思社より刊行されたものに本文を加筆修正し、新たにエッセイ4編を追加して編み直したもの

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

この細胞は、悲しがっているの?幼い娘の問いにいのちの意味を教えられる「脳細胞の悲しみ」。飼い犬の死に看取りのあり方を見つめる「実生の椿」。病気だけを切り離し、人間を忘れてしまった医療の問題点を衝く「科学信仰の罪と罰」—全編に溢れる生命への驚きと科学する歓び。科学者ならではの透徹した眼差しといのちへの暖かな慈しみに満ちた珠玉のエッセイ集。

目次

  • 生命の掟(脳細胞の悲しみ;孫 ほか)
  • 遺伝子の宇宙(地縁・血縁;時間のかたち ほか)
  • 書くこと、生きること(本を書く;技 ほか)
  • 生と死が創るもの(死の作法;実生の椿 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB02011563
  • ISBN
    • 9784480427045
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    234p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ