思考の飛躍 : アインシュタインの頭脳

書誌事項

思考の飛躍 : アインシュタインの頭脳

吉田伸夫著

(新潮選書)

新潮社, 2010.5

タイトル読み

シコウ ノ ヒヤク : アインシュタイン ノ ズノウ

大学図書館所蔵 件 / 140

内容説明・目次

内容説明

光量子論、ブラウン運動、特殊相対論、一般相対論…。20世紀の初頭にアインシュタインはなぜ、かくも革命的な理論を次々と構築できたのか。そして後年、量子力学を執拗に批判し、統一場の理論を夢見つづけたのはなぜか。光と重力と四次元の世界を解き明かし、物理学の世界を一変させた天才の頭脳。その発想法と思考術の秘密に迫る。

目次

  • 第1章 動くことと動かないこと—特殊相対論
  • 第2章 四次元幾何学の饗宴—一般相対論
  • 第3章 熱の背後に原子を見る—ブラウン運動
  • 第4章 光の統計力学を求めて—量子論
  • 第5章 終わりなき論争—量子力学批判
  • 終章 見果てぬ夢—統一場の理論

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ