書誌事項

終着駅へ行ってきます

宮脇俊三著

(河出文庫)

河出書房新社, 2010.6

タイトル別名

終着駅へ行ってきます

タイトル読み

シュウチャクエキ エ イッテ キマス

大学図書館所蔵 件 / 7

内容説明・目次

内容説明

北は根室本線の根室から、南は指宿枕崎線の枕崎まで、25の終着駅を訪れる“行き止まり”鉄道紀行。全線完乗、最長片道切符の旅、そして終着駅へ…宮脇俊三の鉄道に対する愛情は、徹底して乗り尽くす旅路に詰まっていた。刊行から25年以上が経過し、本書で訪れた終着駅のいくつかが姿を消した。終着駅へ至る車窓は、在りし日の昭和の記録でもある。

目次

  • 北海道(根室(根室本線);根室標津(標津線) ほか)
  • 東北・関東(比立内(阿仁合線);女川(石巻線) ほか)
  • 中部(東赤谷(赤谷線);別所温泉(上田交通別所線) ほか)
  • 近畿・中国・四国(伊勢奥津(名松線);片町(片町線) ほか)
  • 九州(門司港(鹿児島本線);杉安(妻線) ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ