書誌事項

デジタル電子回路

金子峰雄著

(電子情報工学ニューコース, 6)

培風館, 2010.7

タイトル読み

デジタル デンシ カイロ

大学図書館所蔵 件 / 78

内容説明・目次

内容説明

本書は、デジタル電子回路の機能、特性、限界などについて、その考え方、解析手法を詳しく解説した教科書である。まず、ブール代数の数学的基礎からはじめ、基本となる順序回路や論理回路について説明する。次いで、教育的に重要なバイポーラトランジスタと今日主流となっているMOSトランジスタについて、動作の概要とこれらを使ったデジタル回路を詳説する。最後に、計算機システムの主要な構成要素である記憶にかかわる回路を扱う。数式の導出、論理の展開は丁寧であり、初学者にとって無理なく読み進むことができる。デジタル電子回路の「今ある技術」を論じた本書は、電気・電子・情報を専攻する学生の教科書として、さらに回路・システム開発に携わる技術者にとっても有益な参考書である。

目次

  • 1 デジタルシステム(ブール代数と組合せ回路;有限状態機械(有限オートマトン)と順序回路)
  • 2 論理回路から電気・電子回路へ(論理と電気の対応関係;遅延時間と動作速度)
  • 3 バイポーラトランジスタとデジタル回路(ダイオードとバイポーラトランジスタの基本動作;トランジスタ・トランジスタ論理(TTL)構成 ほか)
  • 4 MOSトランジスタとデジタル回路(MOSトランジスタの電気特性;スイッチ、トランスミッションゲート ほか)
  • 5 記憶に関わるデジタル回路(値保持の基本メカニズム;ラッチ、フリップフロップ ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0278422X
  • ISBN
    • 9784563069865
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 220p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ