書誌事項

創造性とは何か

川喜田二郎 [著]

(祥伝社新書, 213)

祥伝社, 2010.9

タイトル別名

創造性とは何か

タイトル読み

ソウゾウセイ トワ ナニ カ

大学図書館所蔵 件 / 76

注記

「創造と伝統」(1993年刊)の抜粋

内容説明・目次

内容説明

創造性とは発明発見の能力ではなく、問題解決能力のことであって、「創造」と「伝統(保守)」は互いに相絡みあいながら社会の発展に寄与する、という持論をもとに、真の民主主義的で、誰もが幸福に暮らせる社会がいかにして実現するかを説く。人類の文明史をたどり、KJ法が問題解決の手段としていかに有効かを説き、著者が一生かけて追究してきたテーマ「人類の幸福社会の実現」へと集約される大著『創造と伝統』(一九九三年刊)のなかから、序論であり総論ともいえる第1章を取り出し、新書化。

目次

  • 序 私の人生背景と本書の出発点—現代文明の体質改善に必要なこととは(「世界を悩む」ということ;ゴルバチョフから学ぶべきもの;「世界全体を悩む」のが、人間の本性;探検家、フリーチョフ・ナンセンに学ぶ;恐るべき短調さは、人間をどう変えるか;ナンセンのヒューマニズム;愛国心と国際性は対立しない;「B29」を見ながら、思ったこと;チームワーク—軍隊と登山の経験から;単独行で鍛える;“人格主義”ではチームワークは育たない;「疾風怒濤」の姿勢で、現代文明を体質改善する)
  • 1 創造的行為の本質—保守性と創造性という二つの原理の対立と循環(「ひと仕事」という創造的問題解決学;チームリーダーの条件とは;創造と保守は循環する;創造性とは本来、非合理なもの;創造的行為の定義—三カ条)
  • 2 創造的行為の内面世界—創造的行為は、どのような過程を経て進行するのか(渾沌、出会い、矛盾葛藤、そして本然;デカルトとの違いについて;デカルト的パラダイムの限界;「世界外的認識」と「世界内的認識」;問題解決のケーススタディ;生命燃ゆ;馥郁と香る;雲と水と;愛と畏敬)
  • 3 創造的行為の全体像—天命の聞こえてくる人、こない人の違いとは(全体状況と絶対感に基づいた行動;現代人こそ絶対感を感じるはず;天命を感じ、絶対感で事を行なう;絶対的受け身から、真の主体性が生まれる;創造性がないと楽しくない;心情陶酔のもんぢあ点;KJ法の誤った使われ方—現実感を取り戻せ;郷愁と探検は、相反するようで通ずる;ふるさとは過去にのみ存在するのではない;創造的行為がふるさとを生む)
  • 4 「伝統体」と創造愛—創造愛の累積によって、組織は伝統体となる(創造的行為によって自らが変わる;伝統とはリアルな現実である;個性的な組織「伝統体」を見直せ;西欧文明=征服者思想の終焉;「人は城…」—協力なチームを作る条件;創造愛を発展させる縁)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03177991
  • ISBN
    • 9784396112134
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    177p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ