肖像画で読み解くイギリス王室の物語

書誌事項

肖像画で読み解くイギリス王室の物語

君塚直隆著

(光文社新書, 482)

光文社, 2010.9

タイトル別名

イギリス王室の物語 : 肖像画で読み解く

タイトル読み

ショウゾウガ デ ヨミトク イギリス オウシツ ノ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 88

注記

主要参考文献: p207-208

イギリス王室関連年表: 巻末

内容説明・目次

内容説明

弱小国イングランドが、大英帝国へと成長し、そしてその後衰退期を迎えながらも、国際社会をリードする存在になるまでの五百年の歴史を、イギリス王室の輩出した歴代の「役者たち」の肖像画を読み解きながら、たどる。

目次

  • ノルマン征服からバラ戦争まで
  • 作者不詳『ヘンリ七世』
  • マルクス・ヘーラーツル(息子)『女王エリザベス一世』
  • アントニー・ヴァン・ダイク『チャールズ一世、アンリエッタ・マリアと二人の子ども(チャールズ王子とメアリ王女)』
  • アントニオ・ダヴィッド『チャールズ・エドワード・ステュアート王子』
  • アラン・ラムジー『国王ジョージ三世』
  • ルーク・クレネル『一八一四年六月一八日の晩餐会』
  • デイヴィッド・ウィルキー『ヴィクトリア女王の最初の枢密顧問会議』
  • エドウィン・ランシア『オズボーンのヴィクトリア女王』
  • ルーク・ファイルズ『国王エドワード七世』
  • ラヴェリ『バッキンガム宮殿の国王一家(一九一三年)』
  • ガン『ウィンザー・ロイヤルエッジでの歓談』
  • フェスティング『女王とエディンバラ公の金婚式』

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ