シェイクスピアの恋愛学

書誌事項

シェイクスピアの恋愛学

小田島雄志著

新日本出版社, 2010.10

タイトル別名

Affectionology of Shakespeare

タイトル読み

シェイクスピア ノ レンアイガク

大学図書館所蔵 件 / 145

内容説明・目次

目次

  • 1章 シェイクスピアの実人生の女性像(母メアリー・アーデン;姉妹たち ほか)
  • 2章 突っ走る青春の愛(『ロミオとジュリエット』;『夏の夜の夢』 ほか)
  • 3章 夢が実を結ぶ愛—青年から大人へ(『から騒ぎ』;『お気に召すまま』 ほか)
  • 4章 揺らぎ、迷う成人の愛(『ハムレット』;『オセロー』 ほか)
  • 5章 ちょっと気になる愛の台詞(恋の軽い翼でこの塀は飛びこえました。—ロミオとジュリエット・第二幕第二場;恋心ってやつは叱りつけて追い出すことはできません。—じゃじゃ馬ならし・第一幕第一場 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ