怪の漢文力 : 中国古典の想像力

書誌事項

怪の漢文力 : 中国古典の想像力

加藤徹著

(中公文庫, [か-71-2])

中央公論新社, 2010.10

タイトル別名

怪力乱神

タイトル読み

カイ ノ カンブンリョク : チュウゴク コテン ノ ソウゾウリョク

大学図書館所蔵 件 / 30

注記

「怪力乱神」 (2007年8月刊) の改題

叢書番号はブックジャケットによる

主要参考文献: p319-323

内容説明・目次

内容説明

「子、怪力乱神を語らず」とは『論語』の有名な一文。怪異、暴力、乱倫、神秘…。本書では、孔子が言及しなかった怪力乱神の世界に踏み込み、中国古典に封じ込められた奔放な想像力と世界観を読み解く。ドロドロと怪しい漢文に焦点を当てた、もう一つの『漢文力』。

目次

  • 第1章 人体の迷宮(夢という闇;髪を振り乱す幽鬼 ほか)
  • 第2章 霊と肉の痛み(割腹自殺;弘演の殉死 ほか)
  • 第3章 変身と幻獣(変身の恐怖;人が虎になる時 ほか)
  • 第4章 性と復活の秘儀(幽冥界への出入り口;少女の柔肌 ほか)
  • 第5章 宇宙に吹く風(天人相関説;循環する自然 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0377056X
  • ISBN
    • 9784122053830
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    323p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ