数学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる数学の歴史

書誌事項

数学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる数学の歴史

仙田章雄著

ベレ出版, 2010.11

タイトル別名

数学者たちはなにを考えてきたか

タイトル読み

スウガクシャ タチ ワ ナニ オ カンガエテ キタカ : ミエテ クル スウガク ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

参考文献: p254-255

内容説明・目次

内容説明

「数学って役に立つんですか?」そんな質問にだって答えたい。数学が好きだから、数学の魅力を伝えたい。そんな思いを胸に秘め、ピタゴラス、ガウス、デカルト、ラマヌジャンなど、多くの数学者の足跡をたどる旅をしてきた著者が、古代エジプト、メソポタミアに始まりアラビア、インド、ヨーロッパ、そして中国、日本まで、それぞれの時代にそれぞれの数学者たちがどんなことを考えて、どのように数学が発展してきたのかを易しく語る。

目次

  • 第1章 数学前史—それは学ぶべきものだった
  • 第2章 中世の数学事情
  • 第3章 「数」から「数学」へ
  • 第4章 18世紀から19世紀の数学者
  • 第5章 日本の数学者
  • 第6章 そもそも数学とはどんな学問なのか
  • 第7章 現代数学ではなにが問題になっているのか
  • 第8章 数学者という人々とその世界

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB04159419
  • ISBN
    • 9784860642747
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    255p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ