伊勢と仏とキリストと : 日本の宗教を世界の目で見れば

書誌事項

伊勢と仏とキリストと : 日本の宗教を世界の目で見れば

坂井洲二著

法政大学出版局, 2011.2

タイトル読み

イセ ト ホトケ ト キリスト ト : ニホン ノ シュウキョウ オ セカイ ノ メ デ ミレバ

大学図書館所蔵 件 / 124

注記

主要参考文献: p277-279

内容説明・目次

内容説明

宗教紛争はなぜ起こるのか。さまざまな経典を読み解き、一神教と多神教の違いを論じつつ、世界に類を見ない形で宗教と向き合う日本人の信仰の特質を明らかにする。

目次

  • 多神教に争いはないのか(神々を統制する;教典を暗誦せる ほか)
  • 釈迦は東洋人ではない(ショーペンハウアー;日本の仏典を読む ほか)
  • 一神教の条件(ユダヤ教も多神教であった;一神教に変化する過程 ほか)
  • キリスト教が日本へやって来た(布教の方針;キリスト教が根を下ろす ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB04932055
  • ISBN
    • 9784588276347
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 279p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ