文学のミニマル・イメージ : モーリス・ブランショ論

書誌事項

文学のミニマル・イメージ : モーリス・ブランショ論

郷原佳以著

(流動する人文学)

左右社, 2011.2

タイトル別名

"Il y a" de l'image : Maurice Blanchot et l'image minimale de la littérature

文学のミニマルイメージ : モーリスブランショ論

タイトル読み

ブンガク ノ ミニマル イメージ : モーリス ブランショ ロン

大学図書館所蔵 件 / 84

注記

2007年にパリ第7大学に提出し博士号を授与された博士論文"'Il y a' de l'image : Maurice Blanchot et l'image minimale de la littérature"に基づいて、翻訳のうえ適宜修正を施したもの

参考文献: 巻末p45-56

内容説明・目次

内容説明

ブランショの試行を照らす、この比類のない光が読むことの快感さえもたらすだろう。

目次

  • 序論 文学にイメージは「ある」か
  • 第1部 遺骸としてのイメージ(イメージの不気味さ—「遺骸的類似」と「美術館病」;イメージの「イリヤ」—サルトル・レヴィナス・ブランショ;イメージの「イリヤ」あるいはカトリーヌ・レスコーの足)
  • 第2部 言語の不可能な形象としてのイメージ(プロソポンとしての形象—物語とイメージ;彼女の名、この不気味な驚異—命名行為とイメージ;「詩的イメージ」に抗して—バシュラールとブランショ;「言語のショート・サーキット」としての詩のイメージ—ブランショにおけるマラルメ・ヴァレリー・ポーラン;形象化のパッション—ブランショにおけるアブラハム)
  • 結論 文学にイメージが「ある」というこの「驚異」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05113162
  • ISBN
    • 9784903500492
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    313, 56p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ