低線量内部被曝の脅威 : 原子炉周辺の健康破壊と疫学的立証の記録

著者

書誌事項

低線量内部被曝の脅威 : 原子炉周辺の健康破壊と疫学的立証の記録

ジェイ・マーティン・グールド著 ; 肥田舜太郎 [ほか] 共訳

緑風出版, 2011.4

タイトル別名

The enemy within : the high cost of living near nuclear reactors : breast cancer, AIDS, low birthweights, and other radiation-induced immune deficiency effects

内部の敵 : 高くつく原子炉周辺の生活 : 乳癌、エイズ、低体重児出産、放射線起因性免疫異常の影響

タイトル読み

テイセンリョウ ナイブ ヒバク ノ キョウイ : ゲンシロ シュウヘン ノ ケンコウ ハカイ ト エキガクテキ リッショウ ノ キロク

大学図書館所蔵 件 / 134

注記

その他の共訳者: 齋藤紀, 戸田清, 竹野内真理

協力: 放射線と公衆衛生プロジェクト (RPHP)

原著 (Four Walls Eight Windows, 1996) の邦訳

旧訳「内部の敵 : 高くつく原子炉周辺の生活 : 乳癌、エイズ、低体重児出産、放射線起因性免疫異常の影響」 (双信舎, 1999年) の改訂

参考文献: p360-363

内容説明・目次

内容説明

本書は、1950年以来の公式資料を使って、全米3000余の郡のうち、核施設に近い約1300郡に住む女性の乳がん死亡リスクが極めて高いことを立証して、レイチェル・カーソンの予見を裏付ける。

目次

  • 第1章 序論:放射性降下物と郡の乳癌発生率
  • 第2章 放射性降下物と免疫異常
  • 第3章 低出生体重児とベビーブーム世代の免疫不全
  • 第4章 乳癌死亡率と原子炉からの放出物
  • 第5章 1950年以後の乳癌死亡率の地域差
  • 第6章 国立癌研究所はなぜ、原子炉の周辺での発癌リスクの増大を見逃したのか
  • 第7章 原子炉周辺における発癌リスク増大の本質
  • 第8章 放射性降下物と乳癌
  • 第9章 もう遅過ぎるだろうか
  • 付録

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05362848
  • ISBN
    • 9784846111052
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    384p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ