古代アジア世界の対外交渉と仏教

書誌事項

古代アジア世界の対外交渉と仏教

河上麻由子著

(山川歴史モノグラフ, 23)

山川出版社, 2011.11

タイトル別名

古代 (こだい) アジア世界 (せかい) の対外交渉 (たいがいこうしょう) と仏教 (ぶっきょう)

Buddhist missionaries to bodhisattva emperors : a study of the relationship between China and surrounding kingdoms, 400-900

タイトル読み

コダイ アジア セカイ ノ タイガイ コウショウ ト ブッキョウ

大学図書館所蔵 件 / 130

注記

英文タイトルは標題紙裏による

博士論文を基にしたもの

索引あり

内容説明・目次

目次

  • 第1部 遣隋使と仏教(南北朝〜隋代における仏教と対中国交渉;中国南朝の対外関係において仏教が果たした役割について—南海諸国の上表文の検討を中心に;隋代仏教の系譜—菩薩戒を中心として;遣隋使と仏教)
  • 第2部 唐の皇帝と天皇の受菩薩戒(唐の皇帝の受菩薩戒—第一期を中心に;唐の皇帝の受菩薩戒—第二期を中心に;唐の皇帝の受菩薩戒—第三期を中心に;唐代における仏教と対中国交渉 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ