イェイツとアイリッシュ・フォークロアの世界 : 物語と歴史の交わるところ

書誌事項

イェイツとアイリッシュ・フォークロアの世界 : 物語と歴史の交わるところ

池田寛子著

彩流社, 2011.11

タイトル別名

Yeats and the world of Irish folklore : the points of intersection between story and history

イェイツとアイリッシュフォークロアの世界 : 物語と歴史の交わるところ

タイトル読み

イェイツ ト アイリッシュ フォークロア ノ セカイ : モノガタリ ト レキシ ノ マジワル トコロ

大学図書館所蔵 件 / 99

注記

英語の博士論文「W.B.Yeats : Irish folklore and nationalism」を日本語で書き直し加筆したもの

参考文献(主に引用文献): 巻末p45-56

内容説明・目次

内容説明

イェイツが築こうとした「アイルランド」との絆。—独自に「アイリッシュ・フォークロア」の収集を行ない、生涯、「フォークロア」に強い関心を抱きつづけたイェイツ—イェイツをとおして独自の変容をとげた「フォークロア」を作品から拾い上げ、その創作活動と「アイリッシュ・フォークロア」の関係を明らかにし、歴史に翻弄されたイェイツの内面世界に迫る。

目次

  • 序章 フォークロアとイェイツ
  • 第1章 イェイツの生涯を貫くフォークロア—その政治的背景
  • 第2章 対立を越えて—劇詩『オシーンの放浪』が予見するナショナリズムの行方
  • 第3章 めぐりくる昼と夜—詩集『葦間の風』と太陽シンボリズム
  • 第4章 ハープの力—劇詩『影なる海』とイェイツのナショナリズムへの不安
  • 第5章 物語の力—狂言喜劇『役者女王』と革命のフォークロア
  • 第6章 アイルランドの物語の再構築—「クレージー・ジェーンの歌」と独立後のアイルランド
  • 終章 アイルランド文学とフォークロア

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ