「つなみ」の子どもたち : 作文に書かれなかった物語

書誌事項

「つなみ」の子どもたち : 作文に書かれなかった物語

森健著

文藝春秋, 2011.12

タイトル別名

つなみの子どもたち

タイトル読み

ツナミ ノ コドモ タチ : サクブン ニ カカレナカッタ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 164

内容説明・目次

内容説明

18万部のベストセラーとなった作文集から生まれた、10の家族の喪失と再生のドキュメント。作文を書いてくれた子どもたちの「その後」。

目次

  • 中村まい(仙台市若林区東六郷小学校二年)—大切なものを流されて
  • 鈴木智幸(石巻市渡波小学校二年)—避難所という癒し
  • 鈴木啓史(石巻市東松島高校一年)—不良息子奮闘記
  • 平塚俊彦・真人(女川町女川第二小学校六年・四年)佐々木莉奈(石巻市釜小学校二年)—えびすご兄弟
  • 佐々木悠(南三陸町志津川小学校六年)—みんな知り合いでみんな家族
  • 鈴木愛(気仙沼市気仙沼中学校一年)—父と娘の「復興計画」
  • 洞口留伊(釜石市鵜住居小学校三年)—理想のマイホーム
  • 八幡千代(大槌町大槌小学校五年)—一番大事な娘と一番大好きな妻
  • 黒沢菜緒佳(大槌町大槌中学校二年)—それでも赤浜で暮らしたい
  • 牧野アイ(田老村田老尋常高等小学校六年)—「津波残り」として生きる
  • 終章 悲劇はなぜ繰り返されたのか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ