政治主導 : 官僚制を問いなおす

書誌事項

政治主導 : 官僚制を問いなおす

新藤宗幸著

(ちくま新書, 943)

筑摩書房, 2012.2

タイトル読み

セイジ シュドウ : カンリョウセイ オ トイナオス

大学図書館所蔵 件 / 144

注記

参考文献: p203-204

内容説明・目次

内容説明

「官僚主導から政治主導へ」の掛け声のもと政権を奪取した民主党。けれど、喝采が失望に変わるのは早かった。支持率だけが頼りの理念先行で実力不足。その結果、経済回復はまったく見込めず、加えて内輪モメを繰り返し、東日本大震災と原発事故への対応もちぐはぐ。もはや民主党政権は機能麻痺に陥っている。では、真の政治主導とはどのようなものなのか。それはどうすれば実現できるか。政策決定のプロセスから人事システムまで、行政学の権威が整理・総点検。市民のための官僚制を問いなおす。

目次

  • 序章 問われ続ける政官関係(喝采から失望への転落;思いつき政治の罪;東日本大震災と政治主導の機能麻痺;どのような政治主導が望まれるのか;政治の行政化;本書の構成)
  • 第1章 政治主導への挑戦と実態(首相指導の腐心;中曾根政権の装置と手続き;橋本行革と政治主導の装置;小泉純一郎政権による政治主導)
  • 第2章 官僚制の作動メカニズム(組織管理が生み出すバイアス;政権より個別利益に向くメカニズム;官僚制と外部の専門人)
  • 第3章 政権交代と公務員制度改革(「政治主導」と裏腹の公務員制度改革;公務員制度の何が問題なのか;現代公務員制の原則を無視した公務員制度改革)
  • 終章 政治主導の構築に向けて(言葉だけが踊る支持率頼みの政治;国家戦略室と行政刷新会議;自民党政権時代に逆行する与党政策決定システム;省庁編制の枠を脱した与党政調会長;政権と国家戦略会議構想の迷走;「政治主導」制度設計の要点—トップが誰か;「政治主導」制度設計の要点—政官連携と権限・責任の明確化;政治主導の確率に向けて)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ