『日本書紀』受容史研究 : 国学における方法

書誌事項

『日本書紀』受容史研究 : 国学における方法

渡邉卓著

笠間書院, 2012.2

タイトル別名

日本書紀受容史研究 : 国学における方法

タイトル読み

ニホン ショキ ジュヨウシ ケンキュウ : コクガク ニオケル ホウホウ

大学図書館所蔵 件 / 95

注記

学位請求論文「国学における上代文学研究の方法」(國學院大學, 2010年)に大幅な加筆・修正を加えたもの

参考文献一覧: p260-261

内容説明・目次

内容説明

中華文明に対し、自国を意識したことによっておこった学問「国学」。本書はその国学が、上代文献、なかでも『日本書紀』を、どのように研究し何を明らかにしてきたかを論じる。大陸の学問は『日本書紀』研究にどのような影響をもたらしてきたのか。『日本書紀』研究史の再構築をめざし、文献のなかの古代がどう研究されてきたのかを探る。

目次

  • 序論 本書の視点と構成
  • 第1章 近世国学までの『日本書紀』研究史(上代文献の訓読と『日本書紀』研究;注釈史からみた「日本書紀抄」の成立 ほか)
  • 第2章 荷田春満の『日本書紀』研究(荷田春満の『日本書紀』研究と卜部家;青年期における荷田春満の『日本書紀』研究—東丸神社蔵『神代聞書』翻刻を通じて ほか)
  • 第3章 近代における『日本書紀』研究(武田祐吉の『日本書紀』研究—新出資料と著作を通して;折口信夫の「日本紀の会」と『日本書紀』研究)
  • 結論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08313441
  • ISBN
    • 9784305705792
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 267, 7p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ