子どもの思考を「見える化」する!考える国語のノート指導 : 問いと答えを結ぶ授業づくりの新提案

書誌事項

子どもの思考を「見える化」する!考える国語のノート指導 : 問いと答えを結ぶ授業づくりの新提案

香月正登編著

明治図書出版, 2012.1

タイトル別名

子どもの思考を見える化する考える国語のノート指導 : 問いと答えを結ぶ授業づくりの新提案

タイトル読み

コドモ ノ シコウ オ ミエルカ スル カンガエル コクゴ ノ ノート シドウ : トイ ト コタエ オ ムスブ ジュギョウ ズクリ ノ シンテイアン

大学図書館所蔵 件 / 29

内容説明・目次

内容説明

本書では、ノート指導の一般論も含め、国語科が抱えるノート指導の問題にアプローチしている。その構成は、大きく「理論編」と「実践編」からなる。理論編は2つに分かれ、1つは、本書のコンセプトとなる「問いと答えのノートづくり」の提案である。子どもの思考の見える化を問いと答えの関係に見出し、さらに、物語文、説明文の読みの指導とつなげて、ノートづくりのポイントを示している。もう1つは、それを支えるノート指導の基礎・基本への対応である。入門期、あるいは、授業びらきのノート指導、視写のさせ方、ノートとワークシートへの考え方、ノート評価を取り上げている。実践編では、物語文の実践4本、説明文の実践4本を掲載している。

目次

  • 第1章 思考が見える!ノート指導の極意(思考を「見える化」するノート指導とは?;押さえておきたい!ノート指導の基礎・基本)
  • 第2章 物語文:ノート指導のポイントと指導プラン(紙芝居をつくって読み聞かせをしよう—第1学年「たぬきの糸車」;登場人物に手紙を書こう—第3学年「サーカスのライオン」;変化や繰り返しを読もう—第5学年「世界でいちばんやかましい音」;人物関係図を書こう—第6学年「海のいのち」)
  • 第3章 説明文:ノート指導のポイントと指導プラン(違いを考えながら読もう—第1学年「どうぶつの赤ちゃん」;オリジナルあそび方ブックをつくろう—第2学年「おにごっこ」;対比を使ってミニ説明文を書こう—第4学年「アップとルーズで伝える」;著者の主張を読もう—第6学年「「なべ」の国、日本」)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08509002
  • ISBN
    • 9784180147373
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    98p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ