中世ヨーロッパの武術

書誌事項

中世ヨーロッパの武術

長田龍太著

新紀元社, 2012-2013

  • [正]

タイトル別名

The martial arts of medieval Europe

タイトル読み

チュウセイ ヨーロッパ ノ ブジュツ

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

参考文献: [正]:p658-661. 続:p611-613

内容説明・目次

巻冊次

[正] ISBN 9784775309469

内容説明

中世ヨーロッパの戦闘教本。ロングソード術やレスリング、レイピア術など、中世・ルネッサンス期における剣術・格闘術のすべてを図解。

目次

  • 第1部 概説(中世から近世までの戦闘様式の変遷;フェシトビュッフとは?;ヨーロッパ武術の基本理念;構えとは?;攻撃線とは? ほか)
  • 第2部 技紹介(ロングソード;レスリング;ダガー;ハーフソード;殺撃 ほか)
  • 付録
巻冊次

続 ISBN 9784775311677

内容説明

前著『中世ヨーロッパの武術』を下敷きに、中世・ルネッサンス期を中心とした、ヨーロッパの武術・武器防具について解説・図解。前著で割愛した技の紹介だけでなく、イスラム武術など最新研究を盛り込んだ。

目次

  • 第1部 概説(歴史;概念;流派;訓練)
  • 第2部 武器解説(ロングソード;鎧での戦闘;ハーフソードと殺撃;両手剣 ほか)
  • 第3部 技解説(ロングソード;イギリス式ロングソード術;ハーフソードと殺撃;剣とバックラー ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ