東北の震災と想像力 : われわれは何を負わされたのか

書誌事項

東北の震災と想像力 : われわれは何を負わされたのか

鷲田清一, 赤坂憲雄著

講談社, 2012.3

タイトル読み

トウホク ノ シンサイ ト ソウゾウリョク : ワレワレ ワ ナニ オ オワサレタノカ

大学図書館所蔵 件 / 114

内容説明・目次

内容説明

未曾有の事態をどう捉えるか。東北を掘り東北学を立ち上げた民俗学者と、阪神大震災体験をきっかけに臨床哲学を切り拓いてきた哲学者。言葉を探り、想像するちからの可能性を信じる二人の思索者の真摯なる対話。震災以降に発表された両著者のエッセイ11篇も併せて収録。

目次

  • 第1章 被災の地で、避難所で、人々は(「心のケア、お断り」;東北人のメンタリティ ほか)
  • 第2章 自然が牙をむいたとき、コミュニティは(コミュニティの解体—近未来の先取り;村の解散式 ほか)
  • 第3章 ボランティアの変容、メディアのありよう(ボランティアの概念を広げる;アーティストの活動—新しい社会性へのヒント ほか)
  • 第4章 放置された福島の奇妙な静けさ(福島に張りめぐらされている分断;世の中を覆う静けさの理由 ほか)
  • 第5章 われわれは何を負わされてしまったのか(放棄された責任—事態はだれが引き受けさせられるのか;難民十万という未曾有の事態 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ