ヘーゲル「精神現象学」入門

書誌事項

ヘーゲル「精神現象学」入門

加藤尚武編

(講談社学術文庫, [2109])

講談社, 2012.5

タイトル別名

ヘーゲル精神現象学入門

タイトル読み

ヘーゲル セイシン ゲンショウガク ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 183

注記

原本: 『ヘーゲル「精神現象学」入門』新版 1996年1月有斐閣刊

文献案内: p318-320

内容説明・目次

内容説明

感覚、知覚、悟性、自己意識、理性、精神。意識は経験をとおして高次に向かい、「絶対知」へと到達する—。近代西洋哲学史上、最も重要にして最も難解とされる大著の核心を、精緻な読解と丁寧な解説で解き明かす。「絶対的な真理」を秘めた神話的な書物という虚妄のベールを剥いで立ち上がる、野心的な哲学像の実現に挑んだヘーゲルの苦闘の跡とは。

目次

  • 序章 『精神現象学』の成立をめぐる謎
  • 第1章 『精神現象学』の基本概念—「序文」と「緒論」
  • 第2章 知と対象の関係構造—意識
  • 第3章 他者との関係のなかで思索し、生きる自覚的な存在—自己意識
  • 第4章 世界を自己とみなす自己意識(1)—観察する理性
  • 第5章 世界を自己とみなす自己意識(2)—行為する理性
  • 第6章 和解に至る「精神」の歴史
  • 第7章 精神の自己認識の完成—宗教
  • 第8章 精神の旅の終着駅—絶対知

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ