アニメと生命と放浪と : 「アトム」「タッチ」「銀河鉄道の夜」を流れる表現の系譜

書誌事項

アニメと生命と放浪と : 「アトム」「タッチ」「銀河鉄道の夜」を流れる表現の系譜

杉井ギサブロー著

(ワニブックス「Plus」新書, 083)

ワニ・プラス , ワニブックス (発売), 2012.7

タイトル別名

アニメと生命と放浪と : アトムタッチ銀河鉄道の夜を流れる表現の系譜

タイトル読み

アニメ ト セイメイ ト ホウロウ ト : 「アトム」「タッチ」「ギンガ テツドウ ノ ヨル」オ ナガレル ヒョウゲン ノ ケイフ

大学図書館所蔵 件 / 34

注記

杉井ギサブロー略年譜: p234-239

内容説明・目次

内容説明

若き日に手塚治虫の『鉄腕アトム』のTV化に携わり、「命なきものに命をあたえる」というアニメの極意を感受した杉井ギサブローは、その真髄の表現を求めて、求心的に歩んできた。時には、その高い理想のためにアニメの世界を離れ、10年の放浪の旅を続けた。やがて、日常と生死の繊細且つ静謐な世界を描くあだち充の『ナイン』『タッチ』の世界をアニメ表現の土壌で開花させるために復活し、そして遂に、この孤高のアニメ師は、宮沢賢治に辿りつく。もちろん、その本当の意味での旅は、まだ、終わっていない。日本アニメの歴史の深淵的な一面を伝える待望の一冊。

目次

  • 第1章 アニメで人間の内面を描くために
  • 第2章 東映動画から虫プロへ
  • 第3章 アニメとの格闘。その真髄の感受。そして挫折
  • 第4章 旅の空から
  • 第5章 キャラクターに情感を
  • 第6章 仕事としてのアニメーション監督
  • 第7章 生きることと作ること

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ