第三次産業革命 : 原発後の次代へ、経済・政治・教育をどう変えていくか

書誌事項

第三次産業革命 : 原発後の次代へ、経済・政治・教育をどう変えていくか

ジェレミー・リフキン著 ; 田沢恭子訳

インターシフト , 合同出版 (発売), 2012.7

タイトル別名

The third industrial revolution : how to transform the economy, politics, and education after the nuclear power era

The third industrial revolution

第三次産業革命 : 原発後の次代へ経済政治教育をどう変えていくか

タイトル読み

ダイサンジ サンギョウ カクメイ : ゲンパツゴ ノ ジダイ エ、 ケイザイ・セイジ・キョウイク オ ドウ カエテ イクカ

大学図書館所蔵 件 / 75

内容説明・目次

内容説明

自然エネルギーとネット社会が結ばれる新産業革命へ!自然エネルギーとネット社会が結ばれる水平パワー(ヨコの力)が、第三次産業革命を巻き起こす。エネルギー・経済・政治・教育・意識を変える、根源的な転換へのロードマップ!人類が地球生命圏と共存する持続可能な未来をつくるための実践の書。

目次

  • 1 第三次産業革命へ(だれもが見過ごした真の経済危機;新しい物語;理論を実践へ)
  • 2 水平パワーの波(分散型資本主義;左派・右派を超えて;グローバル化からコンチネンタル化へ)
  • 3 協働の時代(アダム・スミスとの決別;教室の改革;協働の時代へ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ