エリアーデの思想と亡命 : クリアーヌとの関係において

書誌事項

エリアーデの思想と亡命 : クリアーヌとの関係において

奥山史亮著

(北海道大学大学院文学研究科研究叢書, 21)

北海道大学出版会, 2012.8

タイトル別名

Eliade's thought and the concept of exile

エリアーデの思想と亡命 : クリアーヌとの関係において

タイトル読み

エリアーデ ノ シソウ ト ボウメイ : クリアーヌ トノ カンケイ ニオイテ

大学図書館所蔵 件 / 60

注記

欧文タイトルはタイトルページによる

博士論文『エリアーデの思想における「亡命」と「宗教」』 (北海道大学, 2011年) に加筆と修正を施したもの

文献解題: p300-303

参考文献: p304-318

内容説明・目次

内容説明

ミルチア・エリアーデとヨアン・ペトル・クリアーヌは戦後を代表する宗教学者とされる。彼らは宗教学者として活動する一方で、イタリアやフランス、アメリカを拠点とするルーマニア人亡命者組織においても言論を展開したが、その内実に関しては現在にいたるまで未解明の状況が継続している。本書は亡命者組織における彼らの言論的特徴を整理し、宗教研究、文学創作との関連性を解明する。

目次

  • 第1部 亡命者エリアーデの思想活動とエリアーデ宗教学(ポルトガル滞在期におけるエリアーデの思想形成;ルーマニアに対するエリアーデの罪責意識と宗教理論の形成;亡命者エリアーデの思想におけるエリアーデ宗教学)
  • 第2部 亡命者エリアーデの思想活動とエリアーデ文学(エリアーデ文学をめぐるエリアーデとクリアーヌの対話;エリアーデ文学における「精神」概念に関する考察)
  • 第3部 エリアーデとクリアーヌの関係(鉄衛団運動をめぐるエリアーデ批判とクリアーヌ;ルーマニア社会主義政権との闘争におけるエリアーデとクリアーヌ;クリアーヌからみたエリアーデ宗教学批判の再考)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ