風俗画のなかの女たち : 朝鮮時代の生活文化

書誌事項

風俗画のなかの女たち : 朝鮮時代の生活文化

金貞我著

(神奈川大学評論ブックレット / 神奈川大学評論編集専門委員会編, 35 . 神奈川大学21世紀COE研究成果叢書||カナガワ ダイガク 21セイキ COE ケンキュウ セイカ ソウショ)

御茶の水書房, 2012.10

タイトル別名

風俗画のなかの女たち : 朝鮮時代の生活文化

タイトル読み

フウゾクガ ノ ナカ ノ オンナ タチ : チョウセン ジダイ ノ セイカツ ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 71

注記

参考文献: p125-128

内容説明・目次

内容説明

朝鮮時代(1392‐1910)に描かれた複数の風俗画から発信される人々の姿や行為、特に女性の生活文化を読み取る。

目次

  • 序言 朝鮮時代の風俗画を読み解くための解説
  • 1 服飾と装身具が象徴する身分社会—上流社会の風流と妓女(船遊の男女;音楽のある野の宴 ほか)
  • 2 結婚習俗と女性の生活(嫁迎えの行列;裏庭の女と性差による住居空間 ほか)
  • 3 飲食を楽しむ(昼食を食う;旅篭屋での食事 ほか)
  • 4 しぐさと労働(顔を隠す女・扇子越しにみる男;城内の風景—いただく女・背負う男 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ