書誌事項

永楽帝 : 華夷秩序の完成

檀上寛 [著]

(講談社学術文庫, [2148])

講談社, 2012.12

タイトル別名

永楽帝 : 中華「世界システム」への夢

タイトル読み

エイラクテイ : カイ チツジョ ノ カンセイ

大学図書館所蔵 件 / 165

注記

参考文献: p299-304

永楽帝 : 中華「世界システム」への夢 (講談社選書メチエ), 1997の改題文庫化

内容説明・目次

内容説明

明朝第三代、永楽帝。甥である建文帝から皇位を簒奪し、執拗なまでに粛清と殺戮を繰り返し、歴史を書き換えて政敵が存在した事実まで消し去ろうとした破格の皇帝。その執念と権勢はとどまるところを知らず、中華の威光のもと朝貢国六〇余をかぞえる「華夷秩序」を築き上げた。それは前近代東アジアを律しつづけた中華の“世界システム”であった。

目次

  • 第1章 中華という名の世界
  • 第2章 大明帝国の誕生
  • 第3章 皇統のゆくえ
  • 第4章 奪権への階梯
  • 第5章 歴史の翻転
  • 第6章 失われた時のなかで
  • 第7章 天命の所在
  • 第8章 クビライを越えて
  • 第9章 華夷秩序を統べる者
  • 第10章 永楽帝の遺産

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ