書誌事項

現象学

新田義弘 [著]

(講談社学術文庫, [2153])

講談社, 2013.1

タイトル読み

ゲンショウガク

大学図書館所蔵 件 / 182

注記

基本文献表: p320-331

原本: 1978年2月岩波書店刊

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

二十世紀初頭、フッサールによって創唱された現象学。経験のなかに知識の原理として機能する原型を探るこの学問は、ハイデガー、サルトル、メルロ=ポンティらに多大な影響を与え、思想・哲学の大きな潮流となる。フッサールの哲学を原テクストに則して問い直し、現象学の基本的事象とその本質を解明する、斯界の泰斗の精緻な思索が結晶した珠玉の書。

目次

  • 第1章 現象学の成立事情
  • 第2章 超越論的現象学の理念と方法
  • 第3章 経験、世界、身体の問題
  • 第4章 現象学的科学論
  • 第5章 相互主観性の現象学
  • 第6章 現象学的反省理論
  • 第7章 現象学の諸動向

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11345275
  • ISBN
    • 9784062921534
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    343p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ