モダン・ライフと戦争 : スクリーンのなかの女性たち

書誌事項

モダン・ライフと戦争 : スクリーンのなかの女性たち

宜野座菜央見著

(歴史文化ライブラリー, 364)

吉川弘文館, 2013.3

タイトル別名

モダンライフと戦争 : スクリーンのなかの女性たち

タイトル読み

モダン・ライフ ト センソウ : スクリーン ノ ナカ ノ ジョセイ タチ

大学図書館所蔵 件 / 255

注記

主要参考文献: p225-229

映画リスト: 巻末

内容説明・目次

内容説明

日本がファシズム化したと言われる一九三〇年代、映画は戦争どころか平和で活気ある社会を描き続けた。田中絹代、原節子らがモダン・ガールとして登場した映画と戦争の意外な共犯性を論じ、資本主義と戦争の関係に迫る。

目次

  • 一九二〇年代のナビゲーター栗島すみ子(帝国の民主主義の映画—帝国の文脈;社会変容と栗島すみ子の差別化)
  • 日の丸からモダン・ライフへ(満洲事変後の社会と映画;日本映画の体制協調路線)
  • バビロンの女たち(モダン・ライフとトーキー化;挫折する女たち;モダン・ライフに漂うキナ臭さ)
  • モラトリアムとしての銃後(モダン・ライフと戦争の連携;戦争との付き合い—表象してもしなくても)
  • 新体制下のスクリーン(近衛新体制に向かう社会;スクリーンの変化—創造性の功罪)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ