書誌事項

フェーズフィールド法入門

日本計算工学会編 ; 小山敏幸, 高木知弘著

(計算力学レクチャーコース)

丸善出版, 2013.4

タイトル読み

フェーズ フィールドホウ ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 113

注記

参考文献: p111-117

内容説明・目次

内容説明

フェーズフィールド法は、連続体モデルにもとづく材料組織形成過程の現象論的なシミュレーション手法である。近年は、材料科学分野のみならず応力場や電磁場における組織形成やナノスケールにおけるモデル化など、マルチスケール・マルチフィジックスを対象とした種々の工学分野で横断的に進展している。本書は、フェーズフィールド法の基礎理論から具体的な定式化と計算手法を解説し、演習を交えて種々の分野におけるシミュレーション例をまとめており、初学者が着実に学習できるつくりとなっている。また、ウェブ上よりC++のソースコードがダウンロードでき、例題を通して具体的なプログラム開発についても学ぶことができる。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ