国籍の境界を考える : 日本人、日系人、在日外国人を隔てる法と社会の壁

書誌事項

国籍の境界を考える : 日本人、日系人、在日外国人を隔てる法と社会の壁

丹野清人著

吉田書店, 2013.3

タイトル別名

国籍の境界を考える : 日本人日系人在日外国人を隔てる法と社会の壁

タイトル読み

コクセキ ノ キョウカイ オ カンガエル : ニホンジン、ニッケイジン、ザイニチ ガイコクジン オ ヘダテル ホウ ト シャカイ ノ カベ

大学図書館所蔵 件 / 147

注記

2012年度東京大学で「社会学特殊講義」として行った講義をもとにしたもの

参考文献: 巻末p6-13

内容説明・目次

内容説明

グローバル化によってゆらぎ始める親子、家族、婚姻、国籍、労働、人権…私たちは何を問わなければならないのか。

目次

  • 第1章 戸籍から考える家族の境界—戸籍と履歴書の社会学
  • 第2章 「国家を背負う移民」と「国家を背負わぬ移民」—グローバリゼーションと国籍のゆらぎから考える
  • 第3章 動揺する国民国家を受け止める
  • 第4章 日系人から考える日本国籍の境界—最初の日本人に連なることの意味を考える
  • 第5章 国籍法の法社会学—国籍法違憲判決に見る日本人の境界
  • 第6章 定住告示の法社会学
  • 第7章 外国人労働者問題の根源はどこにあるのか
  • 第8章 グローバル化時代の働き方を考える—ジェットコースター賃金と「生きづらさ」の構造
  • 第9章 国際移民の進化制度論的展開

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ