書誌事項

シェイクスピアを教える

成蹊大学文学部学会編

(成蹊大学人文叢書, 10)

風間書房, 2013.3

タイトル読み

シェイクスピア オ オシエル

大学図書館所蔵 件 / 69

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

教室、そして劇場へ。いまシェイクスピアを学ぶ意味とは?「わたしたち」と「彼」とを結ぶ演劇的知を、実践の現場で探る。

目次

  • シェイクスピアの詩的言語—いくつかの定義と例示をめぐって
  • 1 “O,what learning is!”—教室のシェイクスピア(歴史劇の可能性を求めて—『ヘンリー六世』第二部における庶民について;今日からクラスを始めます—『夏の夜の夢』の一年;『夏の夜の夢』における劇中劇を考える;『ロミオとジュリエット』を教える;映像資料とリアクションペーパーを用いた講義展開の可能性—『オセロー』のデズデモーナ殺害場面をめぐって)
  • 幕間「狂気の沙汰なれど、筋は通っておった」—ウィリアム・シェイクスピアとの初めての出会い
  • 2 “The play’s the thing”—出会いのシェイクスピア(ヴェローナの壁の外へ—教育プログラムとしての『ロミオとジュリエット』公演ツアー;『十二夜』への招待シェイクスピア劇に親しむきっかけは教員のすすめ—成蹊大学におけるケンブリッジ大生ゲスト授業アンケート)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB12513794
  • ISBN
    • 9784759919899
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2, 333p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ