翻訳文化を考える

書誌事項

翻訳文化を考える

柳父章著

法政大学出版局, 2013.5

  • : 改装版

タイトル読み

ホンヤク ブンカ オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 72

内容説明・目次

内容説明

翻訳がもたらした特異な日本文化とは。外来文化受容に際してつくられてきた「翻訳日本語」の形成過程に日本文化の特異な構造を探ってきた著者が、日常語から文学作品にいたる広範なことばの“現場”を検証し、翻訳語の特殊な働きを明らかにする。

目次

  • 1(社会と世間の違い;兆民の翻訳語「天」;言霊とは何か ほか)
  • 2(思想を表現することば;日本語ナショナリズムへの不安;小林秀雄の批評文の構造 ほか)
  • 3(日本人の遊びと仕事;日本人のものの考え方;日本文化にとって漢字とは何か ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB1255248X
  • ISBN
    • 9784588436116
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 245p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ