失礼な敬語 : 誤用例から学ぶ、正しい使い方

書誌事項

失礼な敬語 : 誤用例から学ぶ、正しい使い方

野口恵子著

(光文社新書, 649)

光文社, 2013.6

タイトル別名

失礼な敬語 : 誤用例から学ぶ正しい使い方

タイトル読み

シツレイナ ケイゴ : ゴヨウレイ カラ マナブ タダシイ ツカイカタ

大学図書館所蔵 件 / 154

内容説明・目次

内容説明

現代日本人に最も好まれている敬語「いただく」の過剰使用から、マニュアル敬語「ご注文のほうは以上でよろしかったでしょうか」まで、現在、ちまたにはおかしな言葉が溢れている。シンプルで正しい敬語の使い方とは?豊富な誤用例を用いて、言葉とコミュニケーションの問題を考える。

目次

  • 「よろしくお願いします」で明け、「よろしくお願いします」で暮れる—言葉は考えて使いたい
  • いくら何でも、いただきすぎ—現代日本人に最も好まれている敬語
  • 取り扱い注意の「させていただく」—実は難しい謙譲の表現
  • 「れ足す」「さ入れ」「を入れ」—余計な一文字を挿入する
  • ゴトリ、シテトリ、オトリ、テトリ—拡散する「簡易敬語」
  • 敬意の向かう先—敬語の使い分けができないのは、敬語を知らないのと同じである
  • 「部長はイカレテル」「先生もヤラレタ」は尊敬語か—ナル尊とレル尊を考える
  • 丁寧な口調で失礼なことを言う人々—知らないうちに相手を低めていないか
  • 「〜レバと思います」「この千円は大丈夫です」—“コピペ語”の怪
  • これは妻がプレゼントしてくださったネクタイです—“その日”は意外と近いかもしれない
  • 端的に!簡潔に!—「一つの正解」を求める世の中
  • 他人事のコミュニケーション—自分自身に対する観察力はあるか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB12762835
  • ISBN
    • 9784334037529
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ