書誌事項

憲法改正の論点

西修著

(文春新書, 929)

文藝春秋, 2013.8

タイトル読み

ケンポウ カイセイ ノ ロンテン

大学図書館所蔵 件 / 104

内容説明・目次

内容説明

戦後の国論を二分してきた憲法改正議論。とかく焦点は第9条と、改正手続きを定めた第96条に集まりがちだが、懸案は山積している。本書では世界の憲法動向に精通した著者が、国際比較を踏まえ、様々な新しい権利に対処しうる、この国の憲法の姿を提起する。

目次

  • 第1章 憲法学者が日本を亡ぼす?
  • 第2章 世界の憲法比較から見える日本国憲法
  • 第3章 日本国憲法誕生の内幕
  • 第4章 刷り込まれた護憲意識
  • 第5章 安全保障法制の再構築に向けて
  • 第6章 「この国のかたち」としての憲法
  • 第7章 ここだけは改めたい—『改正要綱』の作成を通じて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ